呼吸と感覚

呼吸の仕方によって、お腹、肋骨まわり、背中まで筋肉が緩んでくれます。

肺は下の方が広く、重力の影響で血液量も多いため

息を吸いこみお腹まで空気を入れてることで、深い呼吸ができます。

しっかり横隔膜を動かしてあげることです。

最初はお腹が膨らまなかったり、肋骨が動かなかったりして

浅い呼吸になりますが、呼吸を繰り返していくと

少しずつ動きが大きくなるのがわかります。

 

呼吸に意識を向けていくと、副交感神経が働き体がリラックスしてくるのがわかります。

その後は体が楽になり、背中も軽くなり、立ち方まで変わるので、驚きです。

この小さな動きを感じて、体が変わる感覚を持つことは

体を動かしていく中で、とても重要な要素になります。

 

Spread the word. Share this post!