背骨

背骨を意識できる方は少ないと思いますが

S字にカーブをしています。

人は右足、左足の2本の脚を骨盤で支えて、骨盤からつながる背骨は

頭を支えています。

この背骨が硬くなっていて、本来の動きを出せていない。

会員さまの中にも、このような状態の方は多くいらっしゃいます。

 

背骨は小さな骨が集まってS字カーブを形作っていますので

一つ一つの動きが柔らかくなると良いのですが

生活の中で、いつの間にか硬くなってしまい、丸めようとしても

背中が丸まらない、腰を反らせようとしても、腰が反らない

骨盤を動かせないということが起こってしまいます。

 

そして、背骨が硬いと肋骨まで硬くなっていることが多くあります。

体を捻ろうと思っても、うまく捻じれない。

体を横に倒そうとしても、上体が倒れないということが起こります。

そして肋骨の下には、肺があります。

呼吸をするために、肋骨が柔らかくないと、十分な酸素を取り込むことができなくなります。

酸素は体を動かすためには、必要なものなので

十分に酸素を取り入れていないということは、うまく体を動かせない。

呼吸が浅くなり、疲れやすいなどの症状もでてきます。

 

筋力トレーニングとして、ダンベルやバーベルなど重りを使うことが

トレーニングだと思われている方が多いと思います。

その前に体を楽に自由に動かせることはとても重要なことなので

柔らかな動きをとことん、追い求めていきたいと思います。

 

 

 

 

Spread the word. Share this post!