活性酸素

人は酸素がないと生きていけないのですが

酸素をエネルギーにする過程で必ず発生するのが

活性酸素です。

健康のために運動することは必要だと言われています。

運動とはどの程度のことなのでしょうか。

息がきれるほどの激しい運動や、急に運動をやめた場合など

活性酸素がつくられやすい状態になります。

 

活性酸素の中には毒性の強いものがいて、体の中で悪さをします。

老化を早め、病気を引き起こす原因になります。

ですが、体は活性酸素をなくすことも行なっているようです。

 

それでも多くのエネルギーがつくられることで、必ず活性酸素は

出ているので、少しずつ体は攻撃されているようです。

 

気持ち良いほどの適度な運動は、筋肉を活発に動かし

ミトコンドリアを増やすことになります。

細胞が活性化することが、本来の健康になるということだと思います。

 

 

Spread the word. Share this post!