膝の痛み

50代女性の会員さま。

仕事をしながら、普通に生活していると、膝が痛くなったということ。

若い頃に膝を痛めた経験があり、詳細はよくわからないが痛い。

足は細く、筋力が低下している傾向にありました。

膝をかばうため、体重の乗せ方や歩き方もかたよりがありました。

お尻、太ももの前、膝の裏側など様々な筋肉が硬くなっていて、

足首の動きが悪く、膝のお皿も動かなくなっていました。

もっと年齢が重なると、変形性膝関節症など発症する可能性もあります。

 

まず、硬くなっている筋肉をゆるめ、関節の動きをよくしていく

ところから始めて、またバランスが崩れているところは、修正するために

弱い筋肉を働かせていきました。

仕事をしているので、筋肉に張りがでる、またそれを緩めるという

ことを繰り返しながら、立ち方、歩き方を膝の負担がかからないようにする練習を行いました。

少しずつ改善が見られるようになり、体重の乗せ方が良くなり

歩き方がわかってきたりと会員さまの感覚がよくなってきました。

筋肉の張りが少なくなり、バランスがとれてきていたころに、膝の痛みも少なくなってきました。

ずっと痛かったものが、週に何回か痛い、それがたまに痛いとか

痛みを感じないということも出てきました。

現在は、ほとんど痛みがでませんが、何かあると痛みがでる時があります。

まだまだ身体の改善は続きます。

今後も普通に仕事と生活ができ、自分の足で様々な場所へいけるように

サポートしたいと思います。

 

Spread the word. Share this post!