歩く

会員さまの中にも、歩くとふくらはぎが疲れるという方がいます。

他にも、何かしているわけではないのに、太ももの前やふくらはぎが張っているという方もいます。

シェイプアップしたいとか、健康のためにという目的で歩いていると思いますが

一生懸命に歩くと無駄な筋肉を使うことになります。

1日の歩数が5000歩から10000歩になれば、使わなくて良い無駄な筋肉を5000回から10000回使って

いることになります。

それが痛みや張りの症状を引き起こすことがあり、左右の偏りがあれば

どちらかの股関節や膝関節、足関節などに負担をかけることになります。

骨盤にひねりがはいり、そこにつながる背骨に捻りや曲がりが起こります。

歩くことを意識したことがないという方が多いので、注意が必要です。

 

「歩く」というのは、「重心移動」という考え方があります。

筋力を使って歩くのではなく、重心を移動させることで歩いていることになります。

股関節の付け根から自然に足が前に運ばれ、足をフラットに着地することで

太ももの前の筋肉が過剰に使われることがなくなります。

すごく楽な感覚です。

楽な歩き方ができることで、楽な走り方にもつながります。

一般の方だけではなく、スポーツ選手や高校生にも走り方に力が入りすぎている場合が

多いとスポーツの現場で感じます。

この積み重ねが怪我を招く可能性があります。

また、パフォーマンスにも影響するので、よりスムーズな「歩き」や「走り」にできるように

まだまだ精進したいと思います。

 

 

 

 

Spread the word. Share this post!