人は単に病気ではないだけでなく、体・心・生活に調和のとれた人として良い状態をつくることです。
医療に頼らない、薬を飲まない、本来の健康を目指します。

健康寿命という言葉があるように、自ら行動し楽しく、そして長生きするためには、生活改善が必要不可欠です。
「動く」「食べる」「休む・整える」をテーマに体づくりを行います。

[自然な動きで、自然な食材で、自然に長生き]するために、一緒に気づき、改善できる場を提供したいと考えています。


do.startが目指すもの

[ 身体はすべてつながっている]

この考えのもと、ただ身体を動かすということではなく

正しく関節を動かし、筋肉を使うことで全身のバランスが整います。

全身のバランスが整うことで、「肩、腰、膝痛などの不調」

「シェイプアップ」「体力アップ」「精神的な安定」など

様々なことが改善されます。

脳と身体もつながっていて、自律神経の安定につながります。

内臓の働きにも関わってきます。

すべてが健康体になるということを目指してサポート致します。


動く

生活が豊かになり、社会がどんどん便利になると同時に

人はどんどん動かずに何でもできるようになります。

便利になることは良いことですが、体のためには本当に良いことなのでしょうか?

日常生活からスポーツ競技まで体を動かすことは必要不可欠です。

それぞれの道で、ゴールを目指し、そのために必要な心と体づくりを行います。

何のために運動をするのか

スポーツ選手を除けば、ほとんどの方は「健康」のために運動をされると思います。

健康のために「しんどい」「きつい」は必要なことでしょうか。

それをやり続けることはできるでしょうか。

「しんどい」「きつい」は体にストレスを与えることになります。

ストレスを与え続けていくと、自律神経が乱れてきます。

自律神経が乱れると、体に不調が起こってきます。

酸素も多く必要になり、活性酸素も大量に発生します。

活性酸素は体の良い細胞も攻撃してしまいます。

本来の運動は体を動かして「気持ちが良い」と思えることです。

気持ちが良いなと思えば、脳は快楽ホルモンを分泌します。

自律神経は整い、心も体も良い状態に向かいます。

気持ちよく動かしながら、しっかり筋肉を働かせていきます。

関節の動かし方、筋肉の使い方、呼吸の仕方によって体は変わってきます。


重力

普段、何気なく生活していて忘れがちなのが重力です。

宇宙飛行士の方は重力のすごさを体感していると思います。スカーフ重力

私たちは常に重力に反して生活をしていますので、筋力が低下していくことで、どんどん寝たきりの状態になっていきます。

年齢を重ねていき、筋力が低下してくることは間違いありません。

とくに40代を過ぎてくると明らかに低下してくることもわかっています。

自分の足でしっかり立って生活し続けるには、自分の体重をしっかり支えて、生活できる筋力が必要になります。

予防も含めて筋力を強化していくことが必要です。

筋力

30歳ぐらいの男性で体重の40〜45%、女性で35〜40%が筋肉が占める割合です。

日常生活だけでは、40歳を過ぎたあたりから、明らかに筋力が低下してくると言われています。

筋肉が減ってくると、自分でエネルギーを作り出すことが少なくなるので、若い頃と同じ食事内容であれば、いつの間にか体重が増えているということになります。

いつまでも体型をキープさせていくには、筋力を維持・向上させていくことが必要になります。

60代になったからもう遅いのかというと、そうではありません。SSQ

筋肉に年齢の限界はありませんので、運動など強化していくことでより若返っていくことになります。

 
 
柔軟性、ストレッチング

体を柔らかくしたい。

一般の方でも、スポーツ選手でもよく聞くことですが、何のために

体をやわらかくしたいのか。開脚がしたい、前屈で手が床につきたい

など目的はさまざまです。

生活する、またスポーツする上でどれくらいの柔軟性があればよいのかというと

各関節の動く範囲内で動いているかどうかです。

開脚や前屈などの柔軟性とスポーツで使う筋肉の柔軟性とは違います。

やわらかくなり過ぎるのも、ルーズな関節となり怪我につながる可能性もあります。

柔らかくしたいからといって、無理やりストレッチングしても効果はありません。

筋肉や腱には防御反応がありますので、筋肉をどうゆるめて可動域をだしていくのかということが重要になり、

関節がスムーズに動かせることで、生活は不快がない、スポーツでも

スムーズな動きにつながっていきます。

 

食事

日本の食生活はどんどん欧米化していると言われています。野菜果物

精製された食品ばかり食べる、油も気にせずに食べ続けるということは危険です。

また加工食品などには添加物が入っていることも注意をしなければいけません。

食べ物が悪いと血液が汚れると言われています。

血液が汚れることで、病気が始まります。

 

自然な食材で、良い食べ合わせをして、自ら健康を作り出すことが必要になってきています。

人間が生きていくためには、体内酵素が必要不可欠です。

熱を加えた食品、加工食品などばかりでは、酵素がどんどん失われています。

消化作用に負担をかけることになり、内臓が頑張りすぎた結果

さまざまな病気を招くと言われています。

 

何を食べて、何を食べないのかを選択していくことが

未来の健康体を作っていきます。

健康になるために、食事改善をサポート致します。