板にのってみました。

骨で立つ。

そんな感覚になります。

無駄な力を抜いて、バランスをとります。

ついつい夢中になります。

会員様も楽しくのっています。

自然と骨で立つ感覚がつかめてきますよ♪

柔らかい弾力のある筋肉

筋力トレーニングというと、重たいダンベルなどを頑張って持ち上げているイメージがほとんどだと思います。

きつい…でも筋肉つけるためには仕方ない…

そんなことはありません。

頑張って行うトレーニングは、筋肉に硬さが生じます。

使い方のくせ、日常のくせ、力の入れ方のくせなどで

左右の筋肉バランスは崩れて、身体の歪みにつながります。

筋肉が硬くなると、血液の流れも悪くなります。

全身に血液を十分に流して、酸素と栄養を行き渡らせることで私たちは元気に活動しています。

トレーニングしているのに、なぜか疲れやすいということがあってはいけないと思います。

健康のための運動は、気持ちがよく、体を動かすことで血液の流れが良くなり、自律神経が整います。

きつくて、辛い筋トレではなく、体にとって気持ちの良い動かし方で、筋肉を働かせることが重要です。

動かすことで、とても気持ちがよく、筋肉に弾力がうまれます。

男性の方も、「最近疲れにくくなりました」というお声を頂いています。

やはり見直したい

ある記事にありました。

アメリカでは年々減少しているのに…

日本では逆の年々増加している…ガン発症率。

世界では「和食」がブームになり、健康といえばというほどのものになってきているのに…

日本はなぜ、ガンが増加しているのでしょうか。

食べたもので血液は作られるので、食べ物が悪ければ血液も汚れてしまいます。

汚れた結果、病気を招くということだと思います。

5年後、10年後、その先を見て今の食事をとることがとても大切だと思います。

内臓が頑張っても分解や処理できないものは、体に蓄積していくことになります。

それを5年、10年と積み重ねていくと、どうなるか…

今一度、「和食」を生活に取り入れていきたいと思います。

シンプルで良いものを”美味しく”頂ける味覚を取り戻して

いきたいですね。