呼吸と感覚

呼吸の仕方によって、お腹、肋骨まわり、背中まで筋肉が緩んでくれます。

肺は下の方が広く、重力の影響で血液量も多いため

息を吸いこみお腹まで空気を入れてることで、深い呼吸ができます。

しっかり横隔膜を動かしてあげることです。