何を食べるか

「健康」というものを考えた時に、「体を動かすこと」、「食べること」、「寝ること」

の何気ないことが重要になります。

特に食べることは、様々な食べ物が多く、外食店も

ジャンルが違うお店が数え切れないほどあります。

昔に比べて食べ物が豊富にある時代だからこそ、何を食べるのかを

考える必要があるのだと思います。

 

「食べたもので体は造られている」

好きなものばかり食べているとその代償で体調を崩すことになる。

血液が汚れていくということです。

ブームというのは、怖いものです。

お肉、スイーツ、添加物…

 

食べ過ぎや、食べるものによって

体内酵素が失われ、腸の機能は低下してしまう。

そして様々な体調不良や病気を引き起こしてしまう。

 

昔の日本食を思い出し、食生活を戻していくことが

必要なのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spread the word. Share this post!