炭水化物

食べたいけど、やせたい。

歳を重ねていくと、だんだん太ってくる…

そういう方は多いと思います。

体を引き締めたい、やせたいと思うと「運動」と「食事改善」

を行うことになります。

食事となると、まず炭水化物を減らす。

世の中でも糖質オフという商品がとても多くなりました。

それで良いのでしょうか…

 

確かに食べ過ぎると太っていきます。

ですが、食べることが悪いのか、動かないことが悪いのか。

また食べる内容が悪いのか、考える必要があります。

 

食事制限をしていると、仕事をしていて頭がぼーっとして働かない

集中力がなくなるなどの症状があるという方がいらっしゃいます。

 

炭水化物は体内で糖と繊維質に別れ、糖質は脳のエネルギー源でもあります。

頭がぼーっとするのは、糖質を制限し過ぎると出てくる症状だと思います。

それでも体重が増えるから、太るからといって制限し続けるのは

体にとって危険なことだと思います。

 

糖質は肝臓と筋肉にグリコーゲンとして蓄えられているので

糖質が不足している状態が続くと、最終的に筋肉のタンパク質を使うことになり、筋肉が減っていきます。

基礎代謝が下がります…

太りやすく、やせづらい体になります…

 

糖質を摂ると血糖値が上がりますので、

血糖値を下げるために、インスリンが分泌されますが

食事後に軽く体を動かすことでも血糖値を下げることができる

ということなので、筋肉を使って血糖値を下げることを取り入れて

いく方が良いかと思います。

 

自然な食べ物で、バランスよく食べる。

生活動作から体をしっかり動かしていく。

今一度、見直していくと良いと思います。

 

 

 

Spread the word. Share this post!