体の使い方

フットサルをしているという会員さま。

体力強化と捻挫予防のためにトレーニングしたいということでした。

体のチェックや動きを確認してみると、太ももの前側を使う動きに

なっていました。

太ももの前側を使うということは、走る・ステップワークなどブレーキ動作をかけてしまいます。

つま先側に体重がかかり、そのままストップ動作やステップを行うので

脚の負担や膝の負担、横の動きで止まれないと、捻挫しやすくなってしまいます。

脚が疲労してしまい、ボールもうまく扱えないということになります。

 

足のつき方を改善して、脚の後ろ側や臀部が使えるようにトレーニングしていくと

少しずつ感覚が出てきて、それをフットサルへとつなげてもらいました。

使い方を変えていくことで、まず変わったのが終わった後の疲労感が

なく、次の日の筋肉痛なども感じられなかったということでした。

 

すねやふくらはぎもよく疲れていたが、疲れを感じなかったということでした。

使い方次第で、動きが変わってくるのでとても楽しくなりますね。

 

 

 

 

Spread the word. Share this post!