皮膚ってすごい

運動や身体をケアする際に、筋肉ばかりに焦点をあてやすいですが

皮膚があることを忘れてはいけないと思います。

皮膚は身体全体を覆っていて、体重の約16%を占めていると言われています。

薄い皮膚ですが、その役割はとても多いのでビックリです!

1つ目は保護してくれる

外からの様々な刺激から守る働きがあり、硬い細胞が何層も重なっています。

そして皮下脂肪が衝撃を吸収してくれます。

太陽の紫外線を皮膚の奥に通さないような構造になっています。

 

2つ目は感覚を伝えてくれる

触ったり、触れたりした物の感覚や痛み、温度など皮膚からの情報を

脳に伝達して身体がさまざまな判断をしています。

私たちの仕事では、手の感覚はとても重要だと思っていて

お客様の身体の状態を把握する上で、この繊細な感覚を磨くことが

必要だと考えています。

 

3つ目は水分を守ってくれる

角質層では水分を保ってくれる働きがあり、皮膚表面でも水分の蒸発を

抑えてくれる機能があります。

 

4つ目は体温を調節してくれる

気温が高いと毛細血管が広がって、汗をかくように促したり

汗が蒸発するときの気化熱を放出し体温を下げてくれます。

気温が低いと反対に収縮して体温が逃げないように防いだり

汗をかくことで老廃物を出したりする機能もあります。

 

運動する際には、関節の動きに合わせて皮膚が移動することでスムーズに

動けるようになります。

なので関節が硬い、筋肉が硬い、動きがスムーズでない場合は

関節の硬さや筋肉の硬さもありますが、皮膚の硬さも影響しているので

とても重要だと思います。

 

 

Spread the word. Share this post!