冷え性の改善

暑い夏が続いていますが、クーラーを使用する影響で冷え性は

冬だけではなく、1年中という方も多いと思います。

改善としては、自分の体で熱を作り出す。

熱を作り出すためには、熱源である筋肉を増やすことです。

「サルコリピン」というタンパク質が発見されて

これが熱を作り出すために、とても重要なものだということです。

以前は、褐色脂肪が熱を作るということでしたが

褐色脂肪がなくても、筋肉でしっかり熱を作り出せるという

ことがわかってきたようです。

 

年齢を重ねると、どんどん筋肉量は減少していくので

筋肉が減少すると、熱を作りずらくなり脂肪をためこみやすく

なることから肥満の原因にもなってきます。

筋肉をしっかり鍛えていくことで、自分で熱を作り出せる体に

変えていけるので、体質は自分で変えられます。

 

Spread the word. Share this post!