ボディケア

スポーツ競技での練習や試合がハードであれば、筋肉に張りがでて硬くなります。

日常生活では、立つ、座る、寝るなど同じ姿勢を長い時間続けている

と偏った筋肉の張りがでて硬くなります。

筋肉が硬くなると、血液の流れが悪くなり、リンパの流れも悪くなります。

血液の流れが悪いと、酸素や栄養素を全身にしっかり運べないので

体に疲労が蓄積したり、どこかに痛みがでたりします。

筋肉が張っているということは、皮膚や筋膜も硬くなっていることが

考えられます。

ただ、ストレッチングを行って血液の流れをよくするということではなく

ケアという言葉どおり、手を当てる感覚を大事にして、皮膚、筋膜、筋肉をどうゆるめるのかが重要です。

一人一人、体の状態も違えば、感覚も違います。

関節の動かし方や、筋肉の伸ばし方、皮膚の当て方など

仕方によっては、違う結果になることもあります。

だからこそ、1対1の対応が必要不可欠だと思います!

体が楽に、そして軽い状態を作り、スムーズに動けるようにサポート

したいと思います。

Spread the word. Share this post!