何気ない呼吸~その2~

呼吸とストレスの関係

人の呼吸回数は1分間に平均13回程度と言われています。

ストレスを感じると反応して、呼吸が短く、浅くなります。

そして回数が増え、胸で呼吸をします。
呼吸はどこでするのだろう。

鼻から入った空気が肺まで送られるのですが、肺は肋骨によって

守られています。

自分で触ってみるとわかりますが、お腹に近づくにつれて肋骨が広がっています。

肺も上部よりも下部が大きく広がっています。

肺いっぱいに酸素を送り届けるには、腹部まで空気を送ってあげる必要があります。

空気がお腹までいくと、お腹がふくれてきます。

お腹がふくれると内臓などが動くことになり、血流を促してくれます。

リラックスしているときでないと、お腹がふくれません。

緊張状態では腹部も緊張して、大きく空気を取り込めないため、

酸素を取り込めていないことになります。

結果、体は疲れやすい状態になってしまいます。

これに姿勢がくずれ、ねこ背であれば肋骨も狭くなり肺が大きくふくれることができず

同じように疲れやすい状態になります。

絶えず行っている呼吸だけに、ちょっとしたことでも日々過ごして

いると積もり積もって体に現れてきますので

日常生活でも、スポーツでも呼吸を改善できる点がまだまだありそうです。

また次回。

Spread the word. Share this post!