筋肉で熱を生み出す

筋肉をつけることは、健康にもシェイプアップにも必要だということはご存知だと思います。

筋肉がつくと、基礎代謝がUPするからですが

肥満や糖尿病の予防にもなることがわかっています。

筋肉は熱を生み出してくれます。

来店される方にも「冷え性」だという方はとても多くいらっしゃいます。

感じていなくても、手足が冷えやすい、お腹がなんだか冷たい…

特に女性のほうが多いかと思います。

体温が「35度台」の方は、低体温となり

熱を作り出せず、代謝が悪くなり、内臓の機能も低下し、病気を招く可能性が増えてきます。

筋肉をつけて、熱を生み出せる身体にすることで、36度後半を維持できれば、内臓も活発に動き、代謝も上がります。

熱を作り出せない人もいるということなので、より冷え性や低体温になりやすいのです。

筋肉は年齢に関係なく、ついてきますので遅いということはありません。

特に「速筋線維」を鍛えていくことが重要になります。

前回の「筋肉の使い方の違い」にも書かせていただきましたのでご覧ください。

Spread the word. Share this post!