国民医療費

平成30年度 医療費の動向が公表されています。

昨年度に比べ、約3千億円増の「42兆6千億円」になり過去最高を更新したとのことです。

金額が大きすぎて…

そして、平成27年に生涯医療費という1人が生涯でどれくらいの医療費を使うのか厚生労働省がまとめていました。

すごいです。

男女計で2700万円だそうです…

年齢によっての内訳を見ると、大きく70歳未満と70歳以上で約50%の割合に

なっているようで、高齢になるほど、医療にかかっていることがわかります。

入院、通院、手術、投薬などがほとんどを占めることになります。

サラリーマンの生涯年収は約2億円という話もありますので

生涯年収の約13%は医療にお金を使っていることになります。

個人差がありますので、13%以上になる可能性も十分にあります。

これはとても大きい…

年齢を重ねるにつれて、医療費の負担が大きくなる前に、今一度「健康」を考えてみてはいかがでしょうか。

僕たち一人ひとりの行動を変えていくことが重要だと思います。

体調を崩したり、病気になって通院、入院、手術、投薬と全く自由がなく

辛い状況でお金を払っていく人生。

一方で

年齢を重ねても、自分の足でしっかり歩き、好きなことができるように

「食事」「運動」「健康」にお金を使う方が、同じ使うお金でも楽しさが全く違います。

どちらを選びますか?

僕は間違いなく後者を選びます。

人生最後まで楽しく全うしたい!

そのためには、日々の行動の積み重ねが影響してくるということだと思います。

免疫力を上げるのに運動は何でもいいのか

これから冬が近づき、気温が下がり始めます。

今年は、例年よりも風邪やインフルエンザにかかりたくないという方は多いと思います。

ウイルス対策には、自分の体の免疫力を高めておくことが必要になります。

ウイルスが体内に入ってきても、負けない体であれば良い。

そのためには、生活の中での予防、腸活するための食事内容も関わってきますが

体としては、体温を高く保つということがとても重要になります。

運動したり筋肉を使うことで体温を上げることができますので、対策の一つとなります。

ではどういう運動が良いのでしょうか。

腰痛、頭痛時に薬を飲んでしまうという方

体のどこかが痛くなると、薬をのんでしまうとか、のまないと耐えられない…

という方は多いのではないでしょうか。

腰痛や頭痛の方は、痛くなりそうだから、前もってのんでおくということをよく聞きます。

「痛み」を感じるということは、体に何か不都合があることを知らせているのだと思います。

その体の反応を「薬」で止めてしまう、感じないようにしてしまうのは

体にとっては不自然な行為になります。

それに、薬を常飲していると、飲まないと不安になります。